CAMP

コスパ最高!ファミリーにオススメしたいサバティカルの「アルニカ」

サバティカルの「アルニカ」。

2020年4月13日に販売を開始しましたが、即完売してしまいました。

同時に同系統の「ギリア」も発売しましたが、そちらも完売です。

今回は、そんな大人気のサバティカル「アルニカ」を紹介したいと思います。

 

「ギリア」は以下で紹介しています。

関連記事
人数に合わせた使い方ができる画期的なテント。サバティカルの「ギリア」

2020年、サバティカルの新作「ギリア」と「アルニカ」。 流行りのトンネル型の2ルームテントです。 発売から1年 ...

続きを見る

 

特徴

  • ブリッジフレームの追加で強度・剛性が高い
  • 全面メッシュにできる
  • サイドパネルを連結して跳ね上げ可能

ブリッジフレームの追加で強度・剛性が高い

流行りのトンネル型2ルームテント。かたち良し、カラー良しでカッコいいですよね。

4本のポールを繋ぐブリッジフレームを追加し、強度と剛性を高めています。

全面メッシュにできる

インナーテントは大人2人と子供2~3人が快適に過ごせる広さがあります。トンネルテントって4人用が多い気がするのですが、気のせいでしょうか?

価格も抑えられているので、5人家族には貴重なテントかと思います。

全面メッシュにすることが可能で、夏でも涼しく過ごせそうです。スカートもついているので、冬でも大丈夫ですね。

サイドパネルを連結して跳ね上げ可能

ポールが必要になりますが、3つあるサイドのパネルをつなぎ合わせて跳ね上げる事ができます。タープと連結しているようでカッコいいですよね。

インナーテントを取り外せば、大人8人~10人用のシェルターとして使うこともできます。

写真のような開放的なリビングスペース最高です!

 

サイズ

  • DoD:カマボコテント:全長640cm、高さ195cm
  • ハイランダー:ルーミー:全長640cm、高さ205cm
  • ホールアース:EARTH DURA W ROOM:全長645cm、高さ200cm
  • ビジョンピークス:クアトロアーチ2ルーム:全長670cm、高さ200cm
  • サバティカル:アルニカ:全長620cm、高さ210cm

どれも似たようなサイズ感ですが、アルニカの最大高さは210㎝と高めに設計されています。最小でも175㎝なので圧迫感は少なそうです。

 

スペック

本体×1ルーフ 210Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工、ウォール 75Dポリエステルタフタ・PU加工・撥水加工・UV加工
インナーテント×1ウォール 68Dポリエステルタフタ/ボトム 210DポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
メインポール長×2A6061・Φ13mm/Φ13.4mm
メインフレーム短×2A6061・Φ16mm
ブリッジポール×2A6061・Φ13mm
ペグ×24スチール・20cm
3.5mロープ×4ポリプロピレン・Φ4mm
2.5mロープ×8ポリプロピレン・Φ4mm
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1210Dポリエステルオックス
生地ポリエステル
重量総重量20.5㎏(ポール5.8㎏、ペグ1.9㎏)
収納サイズL81cm×W42cm×H35cm

公式より。

20㎏とヘビー級ですが、カマボコテント等も19kgあります。特別アルニカが重いのではなく、この手のテントは重いです。

生地はポリエステルなので、お手入れが簡単でいいですね。

 

気になったところ

すごく良いテントなんですが、少し気になったことがあります。

  • ベンチレーション
  • グランドシートとマット

ベンチレーション

前後のパネル下部から換気ができるようになっているのですが、雨天時にインナーテント側を開けることはできないのかなぁと思います。確実に濡れる。

この辺はDoDのカマボコテントのように上部にあったほうがよかったのでは?と感じました。

グランドシートとマット

専用のグランドシートとマットが無い。

そんなものは自分で作るなり、代用すればいいでしょ!と言われればそうなのですが、商品を探したり加工したりする手間を考えると、専用のものがあったほうが僕としてはうれしいです。

 

仕方がないので、グランドシートは安価で定評のあるODグリーンのシートを使うしかないのかなぁと。

コスパ最高!ファミリーにおすすめの理由

  1. テントの中にリビングと寝室がある
  2. 設営が簡単
  3. トンネル型のテントにしては低価格

1.テントの中にリビングと寝室がある

ファミリーの場合、ドーム型のテントの全室ではリビングスペースとしては不十分なので、ほとんどの場合タープが欲しくなります。

しかし、タープだと虫が怖いんです。蜂や、アブが子供に・・・なんてのは嫌です。

そこでトンネル型のテントの出番。設営してしまえば、タープを張る必要もなくリビングスペースができます。

しかもサイドパネルのおかげで虫も来ないので安心です。

2.設営が簡単

設営が簡単。これ大事です。

1時間もかけて設営してたら自分が疲れるのは当然なのですが、子供たちと、面倒を見ている嫁ちんがイライラしてきます。

また、炎天下や寒い時期の設営はしんどいので、設営は簡単な方がいいです。

トンネル型のテントにしては低価格

低価格メーカーの場合

  • DoD                             64.900円
  • Whole Earth                 65.000円
  • VISIONPEAKS    54.900円
  • TENT FACTORY            52.800円

 

一流メーカーの場合

  • Nordisk reisa6                    167.400円
  • snow peak  エルフィールド     79.800円
  • snow peak  ランドロック    159.000円
  • ogawa  アポロン                          159.000円

 

そしてアルニカが79.800円。

サバティカルは、ヒルバーグ、YIETなどのアウトドア正規代理店を務めるあの【A&F】のプロデュースするメーカーです。

知名度など考えると品質は大丈夫でしょうし、79.800円は安いのかなと思います。

 

まとめ

現在なかなか入手できないサバティカルの「アルニカ」。フリマアプリでの転売が目立ちます。

公式でも言っていますが、転売は本当にやめてほしいです。

次回の入荷も即完売の予感なので、公式ページを常にチェックしておきたいですね。

 

なかなか買えないので、ほかの候補無いの?という人の為に10万円以下の同系統のテントをまとめました。

おすすめ記事
【10万円以下】4~5人用ファミリー向けトンネル型テント!10選

家族でキャンプがしたい!と思って最終的に辿り着いたのがトンネル型のテント。 たくさんのテントがある中でなぜトンネ ...

続きを見る

 

-CAMP
-

Copyright© Taroblog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.